Akimasa Net >> 細見谷渓畔林と十方山林道 >> 森水20周年誌(草稿)

森と水と土を考える会
森水20周年誌(草稿)年度別リスト

http://hosomidani.akimasa21.net/fwd3/20syunen
(このページの短縮URLです)

  2012年11月1日発行
 『森と水と土を考える会-創立20周年記念誌-』
  原戸祥次郎編(森と水と土を考える会)

この森水20周年誌(草稿)は、私が同誌の編集責任者としてまとめていたものです。しかしながら、発刊直前の校正段階(2012年2月)になって編集方針の変更があったため、私は編集責任者を降りることになりました。(詳細は最下段参照)

記念誌は、その後2012年11月1日に発行されました。A4版356ページから成り、年度別の活動記録(年表)と会報等のコピーで構成されています。

ただし、その他の説明文はほとんどありませんので、全体的な流れなどをみるには、この草稿が参考になるかもしれません。なお、この森水20周年誌(草稿)の著作権は、山本明正個人にあることが合意されています。

a:3221 t:1 y:1

Web作者注(2012/06/17):

このページに掲載している森水活動記録は、森と水と土を考える会編「20周年記念誌」のオフィシャル原稿として準備していた「素案」です。原稿そのものは、2011年末すでに完成しており、2012年3月末には出版予定でした。

ところが、初校の校正段階(2月19日)で、完成原稿には会員の思いが書き込まれていないとのクレームが入り、出版計画は振り出しに戻ってしまいました。

20周年誌の企画が持ち上がってから、それまでの約4年間、進行状況のすべてを明らかにしていたにも関わらず、一度も(一字も)声をあげなかった人に、今更とやかく言われる筋合いはありません。

私は、即座に編集責任者の座を降りました。原稿本文は、すべて私が一人で書き上げたものです。当初予定していた手記の集まりが悪く、編集責任者として書かざるを得なかったためです。その原稿が、同会のオフィシャルのものではなくなってしまった以上、それは私個人のものであると理解しております。

  • ここの原稿(素案)の著作権は山本明正にあります。
  • なお、ここの原稿は、完成原稿そのものではありません。