未分類

書籍「細見谷と十方山林道」(2002年版)もくじ

投稿日:

このページの目次です

はじめに

– 巻頭言 細見谷の自然-特異な渓畔林植生とその価値 河野昭一 P.1
– 口絵写真 
– 細見谷渓畔林 pp.3-4
– 十方山林道を彩る植物 2002年夏 pp.5-6

第一部 細見谷学術調査報告書(2002年)

– 広島県・細見谷南西部地域の地質 古川耕三・宮本隆實 pp.8-10
– 調査報告 細見谷渓谷の渓畔林植物相と群落 河野昭一・米澤信道 pp.11-27
1.広島県十方山林道(戸河内町二軒小屋~吉和村吉和西間)の植物相
附表、広島県十方山林道(二軒小屋~吉和西間)植物目録
2.細見谷の渓畔林群落
附表、細見谷上流部・渓畔林群落調査結果(細見谷渓畔林の組成表1~5)
– 大地はまもられるのか-特定植物群落の「選定」問題 原哲之 pp.28-29
– 十方山林道の伏流水の水位及び細見谷に流入する伏流水・湧水の水温測定
―十方山林道の舗装化が渓畔林に及ぼす影響評価―
中根周歩・田上公一郎 pp.30-32
– 十方山林道と小型サンショウウオ 原哲之 pp.33-40
– 十方山林道とその周辺の昆虫について 齋藤譲一・原哲之 pp.40-43
– 十方山林道沿線で確認されたレッドリスト登載種について 原哲之 pp.44-45

第二部 細見谷の未来へ

– 「環境の世紀」の十方山林道 谷田二三・原哲之 pp.47-48
ついこなあだまで、わしらの川の源は、ふかあーふかあーブナの深山(みやま)じゃったんで
田中幾太郎さんにきく(「環・太田川」2001年9・10月号より抜粋) pp.49-52
– 「大規模林道」とは何か 藤原信 pp.53-54
– 大規模林道計画の凍結を求める 金井塚務 pp.55
– 自然を本当に活かした地域振興を―
十方山林道の未来への提言 中根周歩 pp.56-59
– 細見谷の未来へ 原戸祥次郎 pp.60
– 細見谷の未来へ 谷田二三 pp.61

第三部 細見谷は世界の宝

– 21世紀の地球はどこへ行くか
北半球における生物多様性の宝庫―ブナの森の行く末を占う― 河野昭一 pp.63-76
(2002年5月26日の吉和村福祉センターにおける講演記録に加筆。なお翌5月27日は、十方山林道にて現地観察会に参加)

– 口絵写真、その他
— 2002年細見谷学術調査報告関連写真 pp.77-80
— 2002年細見谷学術調査(小型サンショウウオ調査・植物調査)参加者名簿

執筆者一覧(掲載順・プロフィールは2002年12月現在)

-河野 昭一
1936年生まれ。カナダ・モントリオール大学Ph.D。京都大学名誉教授。国際自然保護連合(IUCN)生態系保全委員会委員、日本生物多様性防衛ネットワーク代表委員、大規模林道問題全国ネットワーク代表委員。

-米澤 信道
1948年生まれ。京都成安高等学校教諭。日本生物多様性防衛ネットワーク事務局長。京都御苑タシロラン保護監視員。京都府片波川源流域、福井県敦賀市中池見湿地の学術調査に参加。

-原  哲之
1964年生まれ。農学修士。森と水と土を考える会・会員。

-中根 周歩
1947年生まれ。理学博士。広島大学大学院生物圏科学研究科環境循環予測論講座教授。日本生態学会幹事長。

-田上公一郎
1935年生まれ。広島大学大学院生物圏科学研究科博士後期課程に所属。

-古川 耕三
1947年生まれ。崇徳高等学校教諭。

-宮本 隆實
1947年生まれ。理学博士。広島大学大学院理学研究科地球惑星システム学講座助教授。

-斎藤 譲一
1949年生まれ。

-谷田 二三
1947年生まれ。吉和の自然を考える会・代表。

-藤原 信
1931年生まれ。農学博士。宇都宮大学名誉教授。大規模林道問題全国ネットワーク代表委員。

-金井塚 務
1951年生まれ。宮島自然史研究会会長。広島県第二次RDB検討委員会委員(哺乳類)。ツキノワグマ保護管理計画策定事業検討委員。

-原戸祥次郎
1950年生まれ。森と水と土を考える会・代表。環瀬戸内海会議・副代表。

奥付

– 発行日 2002年12月25日
– 森と水と土を考える会(原戸祥次郎代表)
– 日本生物多様性防衛ネットワーク(BIDEN)(河野昭一代表委員)
– 吉和の自然を考える会(谷田二三代表)

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

十方山・細見谷の現地観察会(エコツーリズム)

エコツーリズム(現地観察会)は、自然を破壊することなく、自然の価値を見出すことのできる行為であり、自然の賢明な利用方法の一つとして非常に有用と考えられる。 私は、2003年5月4日(平成15)、十方山 …

no image

期中評価委員会(緑資源幹線林道・大朝~鹿野線(細見谷林道を含む))

緑資源幹線林道事業「期中評価委員会」は、緑資源幹線林道事業の事業評価の一環として、林野庁(農林水産省の外局の一つ)が設置しているものです。 前記の「環境保全調査検討委員会」が、細見谷林道問題そのものを …

no image

費用対効果、1.02(細見谷林道問題)

林野公共事業の評価結果及び実施方針(平成18年度) 廿日市市では、戸河内・吉和区間の経緯(廿日市市ホームページ内、緑資源幹線林道事業 戸河内・吉和区間)No.13で、次のような文章を掲載しています。「 …

no image

細見谷渓畔林とは

このページの目次です1 細見谷渓畔林とは2 細見谷渓畔林(上流部)、そして細見谷渓谷(下流部)3 ヒトとクマのすみ分け4 西中国山地国定公園 細見谷渓畔林とは 本書の舞台である細見谷(ほそみだに)は、 …

no image

環境保全調査検討委員会(細見谷林道の拡幅舗装化をめぐって)

環境保全調査検討委員会は、既設・未舗装の十方山林道(細見谷林道)を拡幅舗装化することの是非をめぐる検討のため、緑資源機構によって2004年春(平成16)に設置された委員会です。 同機構は、その目的を「 …