未分類

十方山林道(細見谷林道)周辺の植物

投稿日:

十方山林道(細見谷林道)周辺の植物リストが、広島山稜会会報『峠』の中で、ここ数年にわたって毎年発表されている。資料をまとめて報告しているのは、堀啓子さん(広島山稜会会員)さんである。堀さんは、現地において毎年継続して植物調査を行っている「森と水と土を考える会」会員でもある。

この植物リストは、その最新版である広島山稜会会報『峠』43号(2006年1月~12月)掲載の資料に基づいて、「森と水と土を考える会」および「広島山稜会」の了解を得てここに転載するものである。なお、資料の”前文”は元の文章をそのまま転記したもので、植物リストそのものについては、記載順は原本の通り(環境庁コード順)とし、レイアウトを若干変更している。(以下すべて引用)

十方山林道周辺の植物

平成14年から「森と水と土を考える会」主催の植物調査に参加し、「峠」にはその報告を毎号続けて参りました。また平成17年迄の調査については主催者から「細見谷と十方山林道2002」・「細見谷と十方山林道2006」が出版されております。

このたび主催者の了解をえましたので、平成18年に桑田健吾・松村雅文先生他の指導を受けながら行った調査、及びこれまでに採集した標本の再同定をしていただいた結果に基づき、「十方山林道周辺の植物」について、改めて報告をいたします。

平成19年2月1日  堀啓子

注:このページは、電子書籍『細見谷渓畔林と十方山林道』アマゾンKindle版(2017年3月6日)の一部です。実際の植物リストは、書籍版及びKindle版に収載されています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本産イワナ属の分類(ゴギをめぐって)

イワナ(ゴギを含む)は分類学上、サケ科サケ亜科イワナ属(Salvelinus)に分類されており、その分布の中心は、日本海からオホーツク海に至る地域と考えられます。 そして、日本産イワナ属の分類をめぐっ …

no image

2004年(平成16)の活動記録

本文整備中です。 環境保全調査検討委員会始まる - 林道工事の実施に伴う影響の予測・評価及び保全措置を 専門的、学術的な見地から検討するために開催 - **西中国山地ブナの森づくり [#dd589f2 …

no image

細見谷は、広島県廿日市市吉和にある

安芸国佐伯郡の変遷 本書の舞台である細見谷は、広島県廿日市市(はつかいち~し)吉和(旧・佐伯郡吉和村)にあります。吉和(よしわ)地区は、広島県北西部の山あいにあって、山口・島根両県と境を接しています。 …

no image

「細見谷の渓谷植生」調査と人材育成

「緑資源」幹線林道戸河内・吉和区間(大朝・鹿野線)は、西中国山地の自然豊かな地域を貫いて走る林道です。その範囲は、当然ながら自然環境保全基礎調査(環境省)の対象となり、”特定植物群落&#8 …

no image

書籍「細見谷と十方山林道」(2002年版)もくじ

このページの目次です1 はじめに2 第一部 細見谷学術調査報告書(2002年)3 第二部 細見谷の未来へ4 第三部 細見谷は世界の宝5 執筆者一覧(掲載順・プロフィールは2002年12月現在) -河野 …