未分類

十方山林道(細見谷林道)周辺の植物

投稿日:

十方山林道(細見谷林道)周辺の植物リストが、広島山稜会会報『峠』の中で、ここ数年にわたって毎年発表されている。資料をまとめて報告しているのは、堀啓子さん(広島山稜会会員)さんである。堀さんは、現地において毎年継続して植物調査を行っている「森と水と土を考える会」会員でもある。

この植物リストは、その最新版である広島山稜会会報『峠』43号(2006年1月~12月)掲載の資料に基づいて、「森と水と土を考える会」および「広島山稜会」の了解を得てここに転載するものである。なお、資料の”前文”は元の文章をそのまま転記したもので、植物リストそのものについては、記載順は原本の通り(環境庁コード順)とし、レイアウトを若干変更している。(以下すべて引用)

十方山林道周辺の植物

平成14年から「森と水と土を考える会」主催の植物調査に参加し、「峠」にはその報告を毎号続けて参りました。また平成17年迄の調査については主催者から「細見谷と十方山林道2002」・「細見谷と十方山林道2006」が出版されております。

このたび主催者の了解をえましたので、平成18年に桑田健吾・松村雅文先生他の指導を受けながら行った調査、及びこれまでに採集した標本の再同定をしていただいた結果に基づき、「十方山林道周辺の植物」について、改めて報告をいたします。

平成19年2月1日  堀啓子

注:このページは、電子書籍『細見谷渓畔林と十方山林道』アマゾンKindle版(2017年3月6日)の一部です。実際の植物リストは、書籍版及びKindle版に収載されています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

落葉広葉樹林の代表-ブナの森

落葉広葉樹の豊かな森(ブナの森)は、クマの楽園ともなります。動物分布調査報告書(環境庁)でも、落葉広葉樹林とツキノワグマのそれぞれの分布密度には正の相関関係があるとしています。そして、クマの年明けはブ …

no image

“天涯の花”キレンゲショウマ

徳島県・剣山のキレンゲショウマは、宮尾登美子著『天涯の花』集英社(1998年)で注目を浴びるようになり、急斜面にある自生地周辺の登山道が整備されました。小説の初出は1996年8月25日~97年2月23 …

no image

1998年(平成10)の活動記録

本文整備中です。 三年連続で植林を行う - 猪山(現・山県郡安芸太田町) - **西中国山地ブナの森づくり [#o190f764] ***第4回植林(広島県戸河内町猪山、いのしやま) [#v52c4a …

no image

藤田雄山広島県知事

藤田雄山広島県知事 参考:南々社編「藤田広島県知事は、4期16年を「カネ」で買ったのではないか?」南々社(2008年) 記事の引用にNO! pp.120-122 中国新聞記事約20本を本書の中で使用す …

no image

十方山細見谷、小型サンショウウオ観察会&調査(2002/08/10)

2002年08月10日(土)、EIKO、KEN、MOMO 十方山細見谷、小型サンショウウオ観察会&調査 (出発帰着:戸河内町二軒小屋駐車場) 十方山林道の大規模林道化中止を求める署名活動をしている「ぼ …