農薬空中散布

投稿日:2018年6月23日 更新日:

マツ枯れ対策としての農薬空中散布

日本全国の多くの自治体では、毎年5月~6月ころになると、スミチオンなどの農薬を空中から散布する作業(空散)が繰り返し行われている。

「松くい虫特別防除法」(1973年制定)に基づいて始まった事業で、マツ枯病(松くい虫被害)の被害対策を目的としたものである。

その後、この法律は「松くい虫被害対策特別措置法」(1977年制定)となり、さらには同法を吸収した「森林病害虫等防除法」(1997年制定)として事業実施の根拠となっている。

マツ枯病(松くい虫被害)の原因は何?

マツ枯病の原因はマツノザイセンチュウという線虫にあるとする説が1971年に日本で発表され、1973年には「松くい虫特別防除法」が制定された。

この法律に基づき、全国各地で農薬の空中散布(空散)が始まった。しかしながら、空散開始から30年以上の年月を経て、マツ枯れの被害はむしろ広がっているといえるのではなかろうか。

マツ枯れザイセンチュウ説

マツ枯れザイセンチュウ説によれば、マツノザイセンチュウ(材線虫)がマツの幹にある仮導管(針葉樹は導管をもたない)で繁殖し、マツの水分を吸い上げる機能が妨げられる結果、マツ枯れに至るのだという。

なお、材線虫は体長1mm未満であり、その伝播(移動)には、媒介者としてマツノマダラカミキリ(カミキリ虫の一種)が欠かせない。

材線虫は、元々日本には生息せず、北アメリカから入ってきたものである。そのため、日本列島周辺に自生するマツ属は抵抗力が弱いとされている。最近では、被害は韓国そして中国本土や台湾にも広がり、EU(ヨーロッパ連合)でも問題にされはじめたようである。

マツ枯れ大気汚染説、そのほか

マツ枯病の原因は、ほんとうにマツノザイセンチュウ(そしてそれを媒介するマツノマダラカミキリ)なのだろうか。大気汚染による酸性雨の影響などそのほかの原因は考えられないのだろうか。原因を取り違えていることはないのだろうか。学会での真摯な討論が積み重ねられることを切に願うものである。

スミチオンは安全か

スミチオンなどの農薬は、人体にとって安全といえるのだろうか。すぐに分解されてしまうので大丈夫だとほんとうにいえるのだろうか。

農薬散布で生態系をみだすことはないのか?

空中散布した農薬は、媒介者としてのマツノマダラカミキリ以外の生物は殺さないというのだろうか。そんなことは考えられない。スミチオン散布によって、目的以外の「種」の生存が脅かされることは否定できない。

空中散布された農薬が拡散することはないのか?

空中散布された農薬は、航空防除区域内だけに留まり、その外側へ飛散することはないのだろうか。あるいは、地下水などをとおして周囲へ拡散する恐れはないのだろうか。

信濃毎日新聞(2009年1月28日付け)によると、長野県厚生連佐久総合病院(佐久市)は、「上田市が松くい虫対策で農薬を空中散布している場所に近いほど、頭痛やのどの痛みを訴える人の割合が高い傾向にある」として、上田市に農薬空中散布の中止を申入れている(1月27日)。

上田市の母親グループに依頼したアンケート調査に基づくもので、同母親グループも連名で申入れを行っている。その後上田市では、農薬空中散布を中止したという。(新聞各紙2009/05/14付け)

科学的な検証及びデータの公開が望まれる

そのほか、空散に代えてマツの樹幹へ薬剤を直接注入する方法や、マツ枯れたマツの処理方法など、検討すべき課題は多岐にわたっている。

マツ枯病の原因とその対策について、総合的な検討がなされ、それらデータが一般市民にも公開されることが望まれる。今こそ、専門家、行政そして市民が三位一体となった取り組みが求められている。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

林野行政今昔、細見谷渓畔林はこうして残った

細見谷渓畔林は、本書脱稿時点で(2007年春)かろうじてその姿を留めており、西日本随一のブナ帯自然林として評価されています。その背景には、一般市民の働き掛けに加えて、広島県当局の保護要請や広島大学関係 …

no image

21世紀は環境の世紀

このページの目次です1 人類の誕生と生物多様性2 21世紀は環境の世紀2.1 Point of No Return「+2℃」2.2 ノーベル平和賞(2007年)2.2.1 気候変動に関する政府間パネル …

no image

“天涯の花”キレンゲショウマ

徳島県・剣山のキレンゲショウマは、宮尾登美子著『天涯の花』集英社(1998年)で注目を浴びるようになり、急斜面にある自生地周辺の登山道が整備されました。小説の初出は1996年8月25日~97年2月23 …

no image

日本産イワナ属の分類(ゴギをめぐって)

イワナ(ゴギを含む)は分類学上、サケ科サケ亜科イワナ属(Salvelinus)に分類されており、その分布の中心は、日本海からオホーツク海に至る地域と考えられます。 そして、日本産イワナ属の分類をめぐっ …

no image

期中評価委員会(緑資源幹線林道・大朝~鹿野線(細見谷林道を含む))

緑資源幹線林道事業「期中評価委員会」は、緑資源幹線林道事業の事業評価の一環として、林野庁(農林水産省の外局の一つ)が設置しているものです。 前記の「環境保全調査検討委員会」が、細見谷林道問題そのものを …